施設案内

開館時間
午前9時~午後5時まで
入館無料、駐車場無料

休館日
月曜日
(月曜が祝日の場合はその翌日)
年末年始(12/29~1/3)
駐車場
乗用車270台
大型バス15台
(案内はこちら)

所在地
〒867-0055
熊本県水俣市明神町53番地

TEL
0966-62-2621
FAX
0966-62-2271

資料

学習資料について
このページで紹介している研究資料はダウンロードしてご活用ください

現在、水俣病資料館には
図書資料が4,000冊以上 新聞記事が50,000記事以上 DVDが450本
ぜひ水俣病の勉強にお役立てください
みなまた 海の記憶(対象年齢:小学生~大人)
水俣湾をテーマに、短い言葉と写真でまとめた、詩集のような聞き書き集。「魚湧く海」だった海が埋立地になるまでの記憶、水俣湾をめぐる暮らしの記憶、埋立地への思いや記憶を集めました。水俣病の事前・事後学習用教材としてご活用ください。
原稿はA3サイズです。A4用紙に印刷する際は縮小印刷してください)

トップへ戻る
こども向け学習資料
水俣病とわたしたち(公害や環境を学習するこどもたちのために)
小学5年生になって公害を勉強することになった男の子が、水俣に住んでいるおじいちゃんを訪ねて、水俣病を勉強することから始まります。前編では公害の原点 『水俣病』の歴史から、公害の恐ろしさや環境の大切さ、被害者が受けた差別の苦しみから人権についても学んでいただければと思います。また、後編ではその公害を引き起こさないためには、どういった環境の取り組みをすればいいかを水俣の環境モデル都市づくりから学べるようになっています。 水俣病資料館に来館される前の事前学習用教材としてもご活用ください。

トップへ戻る

水俣病Q&A
水俣病問題でこどもが疑問に思うことや、これまで水俣病資料館に寄せられた質問とその回答を掲載しています。
水俣病資料館に来館された後のまとめ学習、水俣病問題で分からないことがあったときなどにお役立てください。

トップへ戻る

こどもと学ぶ水俣病(水俣病のポイント学習)
初めて水俣病を学習するこどもにも分かりやすいように、水俣病の始まりから現在までのおもなできごとについて、イラストなどをまじえ項目ごとにまとめてあります。水俣病を学習するうえでおさえておきたいポイントを、教師とこどもが一緒に学ぶことができます。
水俣病資料館に来館される前の事前学習用教材としてもご活用ください。

トップへ戻る

やってみよう!身近な環境づくり
(水俣病を教訓とした水俣市の環境モデル都市づくりから)
この冊子は、水俣病を教訓として、水俣市民が実践している環境モデル都市づくりを紹介しながら、誰にでもできる身近な環境づくりの輪を広げ、公害のない世界をみんなでつくっていこうというものです。水俣病資料館等で公害の悲惨さを学ぶだけでなく、その思いを持ち帰って環境実践活動をこどもたちにも取り組みさせたいという学校や団体が増えていますので、この冊子もご活用ください。

はじめて学ぶ水俣病(熊本県作成)
水俣病問題を理解し、教訓として学んでいただくために、小学校高学年生を対象にして熊本県が作成した啓発リーフレットです。

                       
トップへ戻る

一般向け研究資料等
ダウンロードしてご活用ください

水俣病 -その歴史と教訓- 2007 日本語版
水俣病の歴史と現状を正しく理解していただくために、項目ごとに年代を追って解説した冊子です。水俣病のバイブルとしてご活用いただいています。

  • 1 水俣病の発生
  • 2 水俣病の原因究明
  • 3 水俣病の原因の確定
  • 4 水俣病の発生状況
  • 5 水俣病という病名

  • 1 工場排水の規制
  • 2 魚介類対策
  • 3 環境復元事業
  • 4 汚染状況の推移

  • 1 発生当初における救済
  • 2 見舞金契約に基づく補償
  • 3 法律に基づく救済-行政による救済-
  • 4 チッソとの補償協定に基づく補償
  • 5 司法による救済-水俣病訴訟の提起-
  • 6 自主交渉継続による直接救済の要求
  • 7 水俣病認定申請者治療研究事業
  • 8 水俣病被認定者保健福祉事業
  • 9 水俣病総合対策事業
  • 10 健康調査
  • 11 水俣市の対応


■ 資 料

トップへ戻る

水俣病 -その歴史と教訓- 年表 / Timeline of Minamata Disease History
水俣病とその教訓から生まれたできごとを年表として掲載しています。


新聞の見出しから見る水俣病
新聞記事の見出から水俣病関連の動きを掲載しています。

トップへ戻る

水俣病10の知識/TEN THINGS TO KNOW ABOUT MINAMATA DISEASE
水俣病について、これだけは知っておきたいということがら10項目を冊子にしたものです。

■水俣病10の知識(日本語版)
資料館リーフレット
水俣病資料館の展示を基に水俣病事件のポイントを整理することで、水俣病の概要・教訓について理解しやすく作成したしおりです。
また、水俣病資料館へのアクセスなども紹介しています。


水俣病詩集「戻らぬ命」 ~百八つの水俣病患者の思いや手記から~
水俣病公式確認から半世紀を迎えるにあたり、これまであまり表に出ることもなくひっそりと暮らし、亡くなっていった多くの患者とその家族の苦しみや悲しみの声を、人間の煩悩の数になぞらえ108の詩集としてまとめたものです。

トップへ戻る
水俣病認定申請処理状況
2014年(平成26) 1月31日現在の状況です

県別/項目 申請実数 処分済 未処分
認定 棄却 未審査 答申保留 処分保留 処分延期
熊 本 県 14,053 (1,466)
1,785
11,751 508 9 0 0 517
内水俣市 4,912 (766)
965
3,874 72 1 0 0 73
鹿児島県 4,353 (365)
491
3,665 197 0 0 0 197
合  計 18,406 (1,831)

2,276
15,416 705 9 0 0 714
※司法認定は含まれていません。
※上記の表中で、( )は死亡者数再掲

県別/項目 前月末の認定者数 今月の認定
熊 本 県 1,785 0
内水俣市 965 0
鹿児島県 491 0
2,276 0
トップへ戻る
貸出・閲覧ビデオ・DVD一覧

水俣病資料館では、水俣病や環境学習、語り部の映像の貸出を行っています。

  • 下のリンクより貸出申請書をダウンロードし、記入の後、郵送かFAXで資料館までお送り下さい。(電子メールでは受け付けておりません)
  • 貸出は無料です。ただし発送が必要な場合、かかる送料は着払いによる申請者負担となります(詳細は下記「注意事項」にて)。
    なお、資料館での直接の受け渡しは可能です。
  • 貸出期間は1ヶ月以内。また、一度に貸し出せるのは1人あたり2本までです。
  • 英語版、ビデオテープ(VHS)版の貸出も行っています。

【注意事項】

  • ※DVD・ビデオの複製・改変は厳禁です。
  • ※海外への発送は受け付けておりません。
  • ※ディスクの損傷などで再生が不可能だった場合、資料館までご一報下さい。
  • ※資料館からの発送はヤマト運輸の宅急便サービスを利用します。 (送料などの参考:60サイズ、着払い→ヤマト運輸ホームページへ


貸出・閲覧ビデオ・DVD一覧
1)水俣病を教訓として
  ~環境モデル都市づくり~
前編では公害の原点『水俣病』の歴史を紹介し、公害の恐ろしさや環境の大切さ、被害者が受けた差別の苦しみから人権についても学ぶことができる。また、後編では公害を引き起こさないためには、どういった環境の取り組みをすればいいかを水俣の環境モデル都市づくりから学ぶことができる。
(40分30秒)
2)水俣病を教訓として
  ~環境モデル都市づくり~
  【こども向け】
1をこども向けに制作し、より分かりやすく公害・環境学習ができるようになっている。
(33分30秒)
3)「父の死が原点」
  水俣病資料館語り部
   【佐々木清登】
父を劇症型の水俣病で亡くし、水俣病の恐ろしさを語るとともに、これまで長年にわたって被害者の救済を求め、自主交渉による闘いを続けてきたことを語る。
(29分40秒)
4)「被害者の救済を求めて」
  水俣病資料館語り部
   【橋口 三郎】
水俣市の隣、鹿児島県出水市での被害の状況、行政との裁判や交渉など、被害者救済のために先頭になって立ち上がった半生を語る。
(29分35秒)
5)「水俣病とともに生きて」
  水俣病資料館語り部
   【濱元 二徳】
両親を劇症型の水俣病で亡くし、自らも車椅子生活で水俣病とともに生きてきた半生を語る。 また、語りでは水俣病発生初期からの海の汚染状況、原因企業チッソとの裁判、伝染病あつかいされ差別を受けた苦しみも語る。
(33分45秒)
6)「夫と子供を亡くして」
  水俣病資料館語り部
   【上野エイ子】
当時、奇病・伝染病扱いされていた水俣病で夫を亡くし、偏見の目で見られ、差別される中で育てた胎児性患者の娘との苦しみに満ちた生活やその愛娘の死、現在の自身の症状などを語る。
(33分30秒)
7)「亡き夫、川本輝夫の
  水俣病患者 救済運動を語る」
  水俣病資料館語り部
   【川本ミヤ子】
潜在患者の掘り起こし、チッソとの直接交渉など、行政や市民を敵に回してまでも、闘わなければならなかった亡き夫:川本輝夫氏の患者救済運動を語る。
(28分10秒)
8)「次々と家族を襲う
  水俣病の悲劇」
  水俣病資料館語り部
   【金子スミ子】
夫と子どもを水俣病で亡くした苦しみ、今もなお胎児性患者の息子を抱えながら生きてきた苦悩の半世紀を語る。
(25分50秒)
9)「水俣病の苦しみや
  差別を糧として」
  水俣病資料館語り部
   【杉本 雄】
水俣病が奇病として扱われていた頃、言われなき差別を自分のみならず家族が受けてきた状況、水俣病で不自由になった体に鞭打ち漁に出ても魚が売れず、生活に苦しみながらも家族とともに頑張ってきたこと、裁判までして行政やチッソと闘ってきた歴史やその当時の社会背景を語る。
(29分40秒)
10)「水俣病で受けた差別や
  苦しみを"のさり"に変えて」
  水俣病資料館語り部
  【杉本 栄子】
  ※のさりとは、天から人からとか授かったもの
村で母が一番に水俣病になったことから続く差別や苦しみを耐え抜きながら、たくましく生きてきた半生を描く。また、水俣病で生まれてこなかった我が子たちのためにもと始めた、胎児性患者の社会参加を支援する活動も紹介。
(34分10秒)
11)「胎児性水俣病患者として
  生まれて」
   水俣病資料館語り部
  【永本 賢二】
  ※胎児性水俣病患者とは、母親の胎内で水銀に侵され水俣病になって生まれてきた患者
水俣病患者であると同時に、チッソに勤める父がいた永本さんが、幼い頃から続く病気の苦しみや周囲の偏見・差別にも負けず、前向きにがんばってきた生活を、 母や友人のコメントをまじえて語る。また、チッソに対する思い、胎児性水俣病患者を含む障害者の介護の問題や社会参加について語る。
(34分00秒
12)「正直に生きる」
  水俣病をめぐる人権
  水俣病資料館語り部
  【緒方 正実】
自分を含めて家族・親族の多くが水俣病患者という緒方さん。「水俣病は、人々が正直に生きなかったために起きた事件。皆さんは、弱い人や困っている人に手を差しのべる正直さを持って生きていってください」とメッセージを送る。
(20分52秒)
※熊本市教育委員会作成 人権啓発DVD
平成21年度人権啓発資料法務大臣表彰の優秀賞を受賞
トップへ戻る